ブログ

レッスン予約方法の方法

Contents1 レッスン予約方法12 レッスン予約方法23 講師のスケジュールの確認方法4 生徒のスケジュールの確認方法 レッスン予約方法1 Class→Book Single Class 生徒を選択→レッスン時間を選択(日にちと時間)→講師を選択 予約完了 Class Schecdule(管理者・講師・生徒画面)で確認可能 レッスン予約方法2 Class Schecduleの色のついた部分が予約された部分です クリックすると以下のような画面になり教室に入室できるようになります ※先生から入室してから生徒が入らなければいけません 講師のスケジュールの確認方法 Class→Tutor Schedule New 講師の活動可能な日にちを選ぶ→時間をクリックしてスクロールするとフリースケジュールを”管理人と生徒”に報告 管理画面から講師のフリースケジュールを確認 生徒と講師の予約が可能 生徒のスケジュールの確認方法 管理画面または講師画面でスケジュールが完了されると、生徒のスケジュール画面にこのように表示されます。 JOINを押すと入室できます。 ※先生から入室してから生徒が入らなければいけません

【生徒】ダッシュボードの設定について

ログインするとこのような画面になります。 管理者画面や講師画面とは違って、予約する機能や先生を選択するメニュー、最後に受けたレッスンはなにかという画面になります。 メニューについてはコチラをご覧ください。 Package→パッケージ Tutor→講師画面 Store→ストア My Resume→レジュメ(受講したレッスン) Online Support→オンラインサポート(チャット) My Package→クレジット購入 Blog→引用されたブログ profile→プロフィール設定 お探しの質問についての場所のリンクをクリックして下さい。

【講師】ダッシュボードの設定について

ダッシュボードにログインするとこのような画面になります。 管理者画面とは違って、ダッシュボードはClassの画面しかありません。 Classには Tutor Schedule Class Schedule Tutor Schedule New の3つがあります。 Contents1 Tutor Schedule2 Class Schedule3 Tutor Schedule New Tutor Schedule +ボタンを押すとSubmit Available Timeがでて講師の空いている時間を”まとめて”設定することができます。 From Datetime→開始日 End Datetime→終了日 例えばFrom Datetimeを28日に設定をし、End …

【管理人】ダッシュボードの設定について

ダッシュボードにログインするとこのような画面になります。 Dashboard→ダッシュボード HR→人事 Curriculum→カリキュラム Class→クラス Marketing→マーケティング Online Support→オンラインサポート Report→レポート Store→ストア Company→会社 質問のあるところをクリックしてください。

勉強 アプリ 中学生におすすめできます

中学生の勉強にアプリを活かすことは多くのメリットがあります。 どこにいても、いつでも簡単に勉強することが出来る点はもちろんのこと、勉強アプリを利用することにより、実際にその勉強内容を音声や動画などの映像によって学ぶことができます。 ただひたすら教科書や問題集で学ぶのではなく、視覚や聴覚を通して学習できるスタイルが魅力です。 「勉強 アプリ 中学生」と検索すると様々なアプリがありますが、どのようなアプリが最適なのかはそれぞれが望む学習スタイルにより異なります。 英語の勉強アプリには、英単語など学習内容の資料や勉強の記録がしっかりと保存できるものがおすすめです。 また英語を学ぶ際には、実際の音声を把握できる音声機能は必須です。 豊富な英単語が登録され、必要であれば単語を記録が可能で、繰り返し学ぶことができる学習アプリが最も適しているといえます。 英語の勉強に苦手意識を持っている方には、ゲーム感覚で英語を学ぶことができるアプリがあります。 実際にゲームをしているかのような感覚で学ぶことができるスタイルは非常に人気で、同時に全国のユーザーと繋がり成績スコアを競いながら英単語を学ぶことができるアプリです。 ひとりで学ぶよりも、全国のユーザーと競いながら一緒に学ぶ方法は、集中力が途切れやすく勉強が進まないという方にも高い支持を得ています。 カメラを向けると数学の計算式の過程と、答えを把握することができる、数学嫌いや苦手の方にも嬉しい夢のようなアプリもあります。 誰もが一度は数学を教科書や参考書で学習していくなかで、理解できなかった数式に対して答えのみの回答だけに物足りなさを感じる方も多かったのではないしょうか、そんな方にもぴったりの数学アプリはスマホのカメラ機能を使って解消できます。 実際にスマホのカメラで問題の数式を撮ると答えはもちろんのこと、その答えに辿り着くまでの数式の過程までが把握できます。 これにより、なぜこの答となるのか数式の過程をしっかりと紐解くスタイルで、確実に数学の問題を理解することができるのが魅力です。 自分の回答が正しいかの答え合わせだけでなく、問題の計算方法が分からないという時にも重宝するアプリです。 期末試験や受験対策に便利な、理科の用語を集めた用語辞典は中学1年生から3年生までに学ぶ豊富な用語が収録されているのが特徴です。 中学生活3年分の理科の用語がアプリ一つにまとめられているため、たくさんの参考書をその都度買いなおす必要がない利点がポイントです。 わかりやすい解説付きで用語をしっかりと学ぶことができ、用語確認テスト機能で期末試験や受験対策の利用にも優れているのが特徴です。 アプリはスマホやタブレットさえあれば、あらゆる場所で学ぶことができ学習書などの多くの書物を持つ必要もなく、シンプルかつ効率よく学習できるメリットに溢れています。 隙間時間を見つけ、ちょっとしたゲーム感覚で学ぶことができる快適さがあります。

選んで良かったオンライン教育システムの特徴

いわゆるオンライン教室を開業することになり、使いやすいオンラインレッスンのシステムを探しました。 オンライン教育というと受講に注目が集まりますが、予約やスケジュールの管理と他にも重要なポイントはいくつもあります。 しかも、生徒にとって予約しやすく、講師が管理しやすくないといけないので、比較検討が重要になってきます。 いくつか評判の良いオンラインレッスンシステムをリストアップして比較したところ、使いやすそうな製品を絞り込むことができました。 特に興味を持ったのは先生が教えやすく、生徒が楽しく学べるというオンラインレッスンシステムです。 これはオンライン教育のある意味で理想ですし、本当に提供できるなら迷わず選びます。 説明を読み進めていくと、初期設定費用や月額料金がリーズナブルで、他に費用が掛からないことから一気に興味が湧きました。 他にも興味が引かれたのはシンプルかつ使いやすい予約機能、講師を比べて選べる機能やストア機能です。 予約機能は生徒が講師のスケジュールに合わせて希望日時を選んだり、管理者が生徒と講師の都合に合わせて日時を設定するのが特徴です。 講師の選択機能はプロフィールの掲載が可能で、生徒が評価をつけることができたり、音声つきの自己紹介も載せられることが気に入りました。 ストア機能はPayPal決済に対応していて、支払い手続きを行う使い勝手の良さが魅力に感じました。 予約状況はカレンダーで確認できますし、コースやレッスン内容の追加、変更も容易とのことで、前向きに採用を検討することになります。 オンライン教育は授業だけでなく、授業の前に宿題を出したり、提出された宿題に目を通すことも大事だと思います。 その為、宿題提出機能も備わることを確認して、ほぼ採用することに決めました。 候補が絞り込めたので比較検討することから解放され、ひとまずホッとしました。 改めて機能を確認したり、実際に利用する状況をイメージしながら検討を進めましたが、想像しやすくこれこそがまさに自分の求めるものだと思っています。 決め手になったの使用方法の説明があるデモの利用で、説明を受けながら一通り機能を確認できたのが良かったです。 こちらの都合に合わせてもらえたり、親切丁寧な対応で気持ち良く体験できたのも魅力的です。 早速採用を決めて導入しましたが、理想に限りなく近いオンライン教室を開くことができました。 オンライン教育の可能性が広がったと言っても過言ではありませんし、次に何が提供できるか考えるだけでもワクワクします。 このオンラインレッスンシステムでは3つのプランが用意されていますが、自分は提供するレッスン数がそれほど多くはないので、月額にして20,000円くらいに収まっています。 予約やスケジュール管理を全て任せられるので、レッスン内容を考えたり授業に集中できます。 非常勤の講師も採用しやすいシステムですから、自分だけでなく他の講師と一緒に教室を盛り上げていけます。

手頃で始めやすい注目のイー ラーニング開業

イー ラーニングというと自分が生徒としてサービスを利用するイメージですが、実はオンライン教室を作って開業することができます。 しかも、始めやすいハードルの低いオンラインレッスンシステムがありますから、オンラインで何かを教えたいと考えている人にとって朗報です。 TutorRoomはオンライン教室の開業をサポートする、イー ラーニング向けのオンラインレッスンシステムで、初期費用の安さや豊富な予約機能、ストア機能を併せ持ちます。 初期費用を含めて国内最低価格を誇りますし、月額15,000円から始められるのでリーズナブルです。 また、レッスン数に応じたプランの提供が行われますから、利用に対して払いすぎの心配がないです。 プランは基本的に3つで違いが分かりやすく、比較検討しやすいのでおすすめです。 TutorRoomといえば予約機能も特徴の1つで、生徒から講師に対して予約を入れたり、管理者によるレッスン時間の設定などが行えるようになっています。 予約方法が柔軟ですから、生徒にとっても講師にとっても使いやすいはずです。 ストア機能はスペシャルコース、あるいは1コースのみレッスンを受けたい人向けの機能です。 つまり、通常とは異なるスペシャルコースを販売したり、1コース単位でのレッスンも提供できることを意味します。 講師を選ぶことができる上に、柔軟なスケジュール管理機能を備えますから、誰にとっても魅力的で見逃せないです。 イー ラーニングは、提供するレッスンの品質も重要ですが、予約の入れやすさや管理も軽視できないといえるでしょう。 TutorRoomはまさに、ニーズに対応する優れたオンラインレッスンシステムですし、開業を検討している人にとって痒いところに手が届く選択肢です。 これから講師を募集したい、そういうニーズにも勿論TutorRoomは答えを用意しています。 オンラインでの講師募集を可能としているので、非常勤講師を募集したり確保するのも難しくないです。 非常勤講師を採用すれば生徒の選択肢が増えますし、それだけ満足度が高くなります。 レッスンを実施する側は講師の選択肢という付加価値を提供できるので、生徒の満足度が上がるのは必然的です。 講師画面にはフィードバック機能が備わりますから、生徒が苦手とするポイントやコメントを残すことができます。 これは人気の講師が一目瞭然になったり、生徒が自分に合った講師を見つけやすくなることに繋がります。 イー ラーニングは遠隔で直接的なやり取りではない分、画面越しにもスムーズにコミュニケーションを図れることが肝心です。 映像や音声の質も大事ですが、何より生徒の選んだ講師が自分にマッチしていると感じられることが重要です。 TutorRoomを活用すると、生徒はコースとレッスンを選び、簡単に予約できるシステムを提供できます。 生徒が行う操作は1クリックで、コースやレッスンの一覧を確認したり、レッスンごとに内容や受講料の確認、予約手続きが行えるようになります。 内容を確認するとPDF教材のサンプルが表示されますから、生徒は事前に教材に目を通して受講を決められます。 サンプルとはいえ予め内容が分かるので、イメージと異なるというギャップが避けられますし、期待した内容と違うという不満を回避することができます。 レッスンは1対1だけでなく、1対複数の制作できますから、多人数向けも柔軟に提供可能です。 …

オンライン スクールで高められた知識

働いている会社にて任せてもらえる仕事が多くなってきて、ますます日々のやりがいが大きくなってきたのに加えて新鮮な気持ちで過ごせるようになったのと同時に気になり始めたのが、これまでに培ってきた知識のみを活用して仕事をするのではなく、新たなる知識を積極的に得ていく必要がある事です。 学生の頃には学校はもとよりあらゆる学びの場に足を運んで学んできましたが、現在のように仕事をしている時間が長い生活をしていると、オフィスと自宅の往復の生活が基本になっていて学びを目的にして他の場所に訪れる時間が用意できないため、オンライン スクールを利用しました。 オンライン スクールはインターネットが普及したのに伴って耳にする機会も増えていたので存在は知っていましたが、実際に利用してみて感じたのは自宅などから本格的に学習できる事の利便性の高さが秀逸である様子でした。 意識的に他の学びの場に移動しなくても、手元にある使い慣れているパソコンから本格的な学習ができたので、本来であれば移動に要する時間を学習時間に活用する事ができて仕事に向き合う時間が長くても時間が有効活用できている印象に感じられた上に、仕事や家事と勉強の兼ね合いが良好にさせやすかったです。 また、自分が利用したオンライン スクールは会社のグローバル化を受けて英会話のレッスンでしたが、英会話スクールに通っているように画面越しにネイティブの方と英会話のやり取りができて感激しましたし、直接的にやり取りをしながらレッスンを進めていくからこそ気になった事がその都度質問できて理解が深めやすかったです。 そのため、英語に関する試験を受けたところ以前よりもはっきりと得点がアップしていたのはもちろん、社内で英語を使用してやり取りをする時にもネイティブの方から発音が聞き取りやすいと言ってもらえて、はっきりとオンライン スクールで学んだ成果が感じられました。そのような社内のグローバル化と共に顕著になってきているのが情報化であり、増えてきた任せてもらえる仕事の中にはあらゆる年代や部署を相手にしてやり取りを行って、各部署との連携を円滑化させる事もあったため、情報技術を駆使して業務を行っている部署や取引先との間で行うやり取りを円滑化させるべく、プログラミングの知識も高める事にしました。 プログラミングについて学ぶ時にも活用したのがオンライン スクールで、インターネットを介して指導をしてくれる方法であっても距離感を覚えずにじっくりとプログラミングの仕組みについて知る事ができたり、実際にプログラムを組んで成果物を見てもらう事もできました。 さらに、じっくりと向き合って作業をしていくのが大切なプログラミングであるが故に、個人的に繰り返し見て復習ができる仕組みが重宝しました。 オンライン スクールで英会話と共にプログラミングも知識を高めた事で、内部と外部で情報に関するやり取りが円滑にできるようになったのはもちろん、自らがプログラムを組む業務にも着手できるようになりました。

オンライン 授業で韓国語のレッスンを受けた体験談

韓国ドラマにはまって長い年月が経つ50代後半の私ですが、いまだに字幕なしでは見ることができません。つまり韓国語がわからないので、いつかは字幕なしで見られるようになりたいと思っていました。 以前住んでいた地域内で、韓国語を教えるレッスンが開港されるということを知った友人から誘われて、一緒に受けることになりました。しかし私は約3か月後に引っ越す予定だったので、3か月限定で教えてもらえることになりました。そこで教えてくれるのは日本人の先生でしたが、とにかく読めるようになることが先決ということで字の書き方と読み方を日本人でもわかりやすいように教えていただき、何とか字は読めるようになったのです。 その後引っ越すのでレッスンをやめることになったのですが、その先生の知人でオンラインで韓国語を教えているという女性の先生を紹介してもらい、引っ越してからはオンライン 授業で教えてもらうことになりました。オンラインなので、家にいながらパソコンの画面を見て授業を受けることができます。予約も自分の都合の良い時に入れればよいので、月に2回レッスンを受けました。 オンライン授業を受ける前は準備が必要でした。パソコンにwebカメラはついているのですが、スカイプなどテレビ電話機能が付いたアプリは入れていなかったので、それを入れる必要がありましたが、自分でできなかったので前の日本人の先生にしていただいて、始めたのです。しかし実際に始まれば韓国人の先生から電話がかかってくるのですが、焦ってしまって取り方がわからなかったり、声が聞き取れないくらい音量が小さかったときもどのようにして大きくするかわからなくなったりしてはじめは結構大変でした。   しかし使い方に慣れてくると、操作ができるようになりスカイプのメール機能も使えるようになってきたので、オンライン授業もだんだんやりやすくなってきました。 ところがだんだん授業が難しくなってきて、はじめは日本語も使ってくれていたのですがだんだん日本語が減ってきてほとんど韓国語でのレッスンになり、学習のほうがわからなくなってついていけなくなってきたのです。学習していくうちに難しくなってくるのはオンライン授業に限らず、対面で授業を受けたとしても同じなので、自分自身の理解のなさや復讐不足に問題があります。せっかくスカイプまで用意してもらったし、韓国人の先生も親切に教えてくださっていたのですが、ついていけずだんだん予約をするのも遠のいてしまって1年未満でやめてしまったのです。そのため、いまだに字幕なしでは韓国ドラマを見ることができません。 オンラインの授業を始めて体験して思ったことは、出かけていく必要がなくその時間になったらパソコンの前に座ってスカイプを立ち上げるだけで良いので楽ということです。また1対1なので質問もしやすいところはよかったです。しかし、実際対面するよりも緊張したために聞き取りにくかったところや、もともと低い思考力のところさらに低下してしまっていたように思うので、50代後半にとってはオンライン授業は難しいことも知りました。

ますます存在感が高まっているeラーニング

情報機器と共にインターネットを用いて学びを深めるのがeラーニングであり、インターネットや情報機器の普及と共に存在感が強くなってきています。 そのためパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末などインターネットが利用できるデバイスを用意すれば場所に関わらず本格的なレッスンが受けられ、気軽であるのに本格的に学べる特徴から個人に限らず企業単位でも研修などで活用中です。 今日のように目覚ましく普及し名称自体の認知度も高まったのは、スマートフォンやタブレット端末の普及が深く関係していますが、仕組み自体が生み出されたのは1990年代の事であり、現在では国が指揮を執って個人はもちろん各現場に対して普及を促進しています。 そのように仕組みが生み出されたのが1990年代であるが故に、一言でeラーニングと言っても各年代によって採用されていたメディアの形などが異なり、初期段階ではCDなどの物理的なディスクに対して情報を収録し、学習をする者はディスクが読み取れる機器に挿入して学習をしていた歴史があります。 2000年代に入ると、先行していたアメリカに限らず日本を含めた世界中の国で情報技術を駆使して学ぶ方法に注力するようになり、時期を同じくしてインターネットの高速回線が普及しつつ利用しやすい額になってきた事を受けて、現在のようにインターネットで情報を発信して学ぶ仕組みの基盤が完成します。 これまでの物理的なディスクを読み取って学習する事例よりもますます気軽に学べる仕組みが整いましたし、学習内容を提供する側においても柔軟に届ける内容の見直しが行えるようになったタイミングでもあります。 インターネットや情報機器の存在を顕著に身近にしたのに加え、社会の全体を目覚ましく情報化させるきっかけになったのが2007年から相次いで発売されたスマートフォンであり、手のひらに収まるサイズの機器でコンピュータと同じ作業ができる点から、eラーニングにおいてもより自由度が高まりましたし普及率も向上した直接的なきっかけです。 そういったスマートフォンが普及して多くの方々にとってインターネットが馴染み深い存在になったからこそ、オンライン上で展開されるサービスの数や種類も豊富になっていき、特に顕著なのがSNSや動画の投稿を対象にしたウェブサービスです。 SNSや動画の投稿を対象にしたウェブサービスとeラーニングの兼ね合いが活発化して、これまでには存在しなかった画期的な学び方ができるようになりましたし、短時間で多くの情報が得られる動画の強みを活かして短時間で学びを深める事を習慣化させるスタイルも確立しています。 各時代の最先端の技術を駆使して進化し続けているeラーニングにおいて今日の特徴として挙げられるのがAIを駆使したり、あらゆるデータを活用してより良い選択をしたり方向性を導く事です。 AIを駆使すれば膨大な情報を瞬時に扱い処理をする事で適切な学習の仕方が生み出せるようになり、方向性についてアドバイスが欲しいと感じている方においては頼もしい存在になるのに加えて希望が現実化させやすいです。 また、eラーニングは他のウェブサービスのようにクラウド化が顕著になってきていて、クラウド化をする事によってより一層データが安全かつ高速に管理できるようになったり、学習をする者のみに限らず管理をする者にとってもより良い環境が得られるようになります。 指導を行う側においては各現場にて指導を行う講師が在籍していますが、それぞれが優れた能力を持っていても得意分野が異なりますし、より良い方法で能力を伸ばしていく方法にも差異があります。 AIやクラウドを駆使して指導者についての管理を行えば、膨大なデータの中から個々の強みや特色などを思慮して効率的により活躍できる方法を導き出してくれて、学習をする者にとって頼もしさを感じるのはもちろん、在籍している組織自体の評価もますます向上可能です。 このように情報技術を駆使して好みの場所や時間帯に学ぶ形が実現できるようになると、学習をする者は常に正確な情報を手に入れながら学べるようになり、得点の向上や資格の取得などの目標が実現しやすくなります。 そして、独学で学習をしているのではなく組織の中で技術や知識の向上を目的にした研修の一貫としてシステムを導入しているのなら、学んだ状況がその都度サーバーに送られて管理されるため、管理者が個々の学習状況について理解が深められるのと共に、集められたデータを使って今後の学習がますます効率的なものにもさせられます。 他にも位デジタルデバイスや情報技術を使用して学ぶ方法では、1つの場所に集まって受ける研修などのように1度きりではないので、学んでいく段階でもう一度戻って学び直したい事がある時にはすぐに戻って学び直してから次のステップに進んでいく事ができて知識が定着させやすいです。

熱視線が注がれている学習管理システム

日本はもとより世界的に情報の技術を活用した学習の仕方が活発化していますが、特に目覚ましい進化と普及が進んでいるアメリカにおいて熱視線が注がれているのが、学生と講師を繋ぎ合わせる学習管理システムです。 学習管理システムが有している機能は多岐にわたり、それぞれが唯一無二の特徴を有していますが、既に内蔵されているあらゆる教材を使用して学習ができるのはもちろん、所有しているPDF形式の教材や写真をサービス上にアップロードするのみで、各学生の学習の様相がリアルタイムに理解できます。 しかも、インターネットを介して行うシステムであるのにも関わらず自然な印象に感じられるのは、直接的に顔を合わせて学習を受けている時と同等の音質によるものであり、他にも手書きに対応している入力デバイスが用意されていますし、手書きで入力した内容はリアルタイムにホワイトボードに表示されるため、同じ空間で学習をしている印象になれます。 こうした画期的かつ頼もしい機能が盛り込まれている様子から、アメリカはもちろん世界中に目覚ましく普及し続けている上に学習塾や外国語学校、大学といったあらゆる教育の場で不可欠なものになっています。 このような充実した内容の学習管理システムは総じて利用しやすい環境が整えられているのも支持が厚い理由であり、情報を用いた学習が活発化していてとても豊富な選択肢が存在している中でも取り分けて利用しやすい額が設定されています。 また、学習管理システムには予約機能が盛り込まれているのですが、学生が講師を探して予約を行う方法の他に、管理者が管理をするなど各現場に相性が良い方法が選びやすいです。 他にもストアの機能も導入されていて、特別なコースを求めている方やますます気軽に学びたいと考えている方に向けて展開されている仕組み上、思い立った時に利用しやすいです。 そのような数々の豊富な機能が盛り込まれている中における講師が選定可能な仕組みを用いれば、常駐して指導を行っている講師のみならず非常勤として活躍している講師を選ぶ事もできますし、これから非常勤として働きたいと考えている方々からの応募もしてもらいやすくなります。 働きやすい環境が整えられていると、より一層高い能力を持っている多くの方々から目を向けてもらえるようになって、学びを深めたいと考えている学生達からの満足度も高められます。 講師の応募などに関しては独自で一覧表示ができる仕組みを導入して活用しているので、一見して取り扱われている内容がわかりやすいため、気になってくれている方に対してますます良心的な印象も与えられます。 学びを深める気持ちが突出して強くて向上心がある学生はできるだけ学習に速やかに向き合いたいと考えているので、学習管理システムでは学び始めるまでの時間や要する手順をできるだけ少なくさせるように工夫がされています。 それぞれのコースのレッスンのリストを閲覧したいと考えている学生は、クリックを1度行うだけで全体的なリストを見る事ができる上に、それぞれのレッスンの内容が表示されている所には既に内容と受講料、予約に関するボタンが備えられています。 とても少ないクリックの回数で知りたい情報がすぐに見られる上に予約まで完了させられるので、高まっている学習の意欲を高い状態のまま維持し続けられてます。 そして、レッスンに関する内容について選択を行えば、PDFの形式で手掛けられて公開されている教材のサンプルが閲覧できる様子から、実際に学習を始める前から本格的に学び始めた時と同じ情報が見られます。 講師を選定する段階では各講師のプロフィールが整理された状態で公開されていますし、講師達はプロフィールの内容と共に写真も表示されているため、実際に会う前から顔などを知る事ができて安心感があるのに加え、音声を用いた自己紹介も見られます。 尚且つ、講師に関する評価も正確に示されている特徴から、実際に講師から授業を受ける前に実際に受けた印象がわかるようになっていますし、自らが学ぶ目的などとの合致も行いやすいです。 スケジュールの管理機能については、見慣れているカレンダーの表示を使用しながら授業に関連するスケジュールが一目瞭然で見られるようになっていて、授業が行われる日時の他にレッスンの名称やレッスンを担当する講師の名前に至るまではっきりと予め把握できます。 ストアの機能では直感的に額などが決められる仕組みが採用されていて、用意されているスライダーを操作すれば、細やかに額を決める事ができる上に追加の購入もしやすくなっています。 支払いは既に大勢の方々が日常的なお買い物や支払いなどで活用しているキャッシュレスのサービスを採用しているので、学習管理システムが初めての方でも使い慣れた支払いの仕組みを利用して安心して支払えます。 同じく、システムは総じてわかりやすいシンプルな画面にデザインされているため、行っている作業や示されている内容が一見して理解できます。

クレジットがなくなったらどうなるの?

生徒画面にいくとこのようなCredit画面がでます。もしこのCreditが0になったらどうなるのでしょうか? 結論からいうと授業を受けれなくなってしまいます。 では本日はそのクレジットの追加方法についてやり方をお伝えします。 ※月謝をもらっているビジネスモデルの会社に該当します。 Contents1 クレジットとは?2 クレジットの追加方法とは?2.1 生徒画面からの追加方法2.2 管理画面からの追加方法 クレジットとは? ここでのクレジットの意味は主に単位のことを指します。1クレジット〇〇円で設定されており(管理画面で変更可能)〇クレジットで1レッスンというように設定されています。 クレジットの追加方法とは? 生徒画面からの追加方法 外部からの生徒や、生徒自身が1回1回支払いをする場合はストアに行き、PAYPALを通して入金をしてもらいます。入金が確認できると自動的に生徒のクレジット数が変わります。 参考→レッスンの購入の仕方 管理画面からの追加方法 月謝制のところが多いかと思います。ただし、ゆくゆくは上記のような外部の生徒も見つけストア機能を使うかもしれない…と思う方もいらっしゃると思います。 方法はこちら↓ https://tutorroom.net/ja/manual/admin/store%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

profile画面について

Profileのボタンを押すと以下の3つのカテゴリーがでます。 My account→マイアカウント Notifications→お知らせ Log out→ログアウト Contents1 My account2 Password3 Promo Code My account プロフィール設定をみると上記の画面が出てきます。上から Profile→プロフィール Password→パスワード Promo Code→プロモコード Email→Eメール Phone→電話 Country→国 Address→住所 Native language→母国語 そしてSave Setting となっており、右側にはMy Promo Code(プロモコード)とあり …