ブログ

レッスン予約方法の方法

Contents1 レッスン予約方法12 レッスン予約方法23 講師のスケジュールの確認方法4 生徒のスケジュールの確認方法 レッスン予約方法1 Class→Book Single Class 生徒を選択→レッスン時間を選択(日にちと時間)→講師を選択 予約完了 Class Schecdule(管理者・講師・生徒画面)で確認可能 レッスン予約方法2 Class Schecduleの色のついた部分が予約された部分です クリックすると以下のような画面になり教室に入室できるようになります ※先生から入室してから生徒が入らなければいけません 講師のスケジュールの確認方法 Class→Tutor Schedule New 講師の活動可能な日にちを選ぶ→時間をクリックしてスクロールするとフリースケジュールを”管理人と生徒”に報告 管理画面から講師のフリースケジュールを確認 生徒と講師の予約が可能 生徒のスケジュールの確認方法 管理画面または講師画面でスケジュールが完了されると、生徒のスケジュール画面にこのように表示されます。 JOINを押すと入室できます。 ※先生から入室してから生徒が入らなければいけません

【生徒】ダッシュボードの設定について

ログインするとこのような画面になります。 管理者画面や講師画面とは違って、予約する機能や先生を選択するメニュー、最後に受けたレッスンはなにかという画面になります。 メニューについてはコチラをご覧ください。 Package→パッケージ Tutor→講師画面 Store→ストア My Resume→レジュメ(受講したレッスン) Online Support→オンラインサポート(チャット) My Package→クレジット購入 Blog→引用されたブログ profile→プロフィール設定 お探しの質問についての場所のリンクをクリックして下さい。

【講師】ダッシュボードの設定について

ダッシュボードにログインするとこのような画面になります。 管理者画面とは違って、ダッシュボードはClassの画面しかありません。 Classには Tutor Schedule Class Schedule Tutor Schedule New の3つがあります。 Contents1 Tutor Schedule2 Class Schedule3 Tutor Schedule New Tutor Schedule +ボタンを押すとSubmit Available Timeがでて講師の空いている時間を”まとめて”設定することができます。 From Datetime→開始日 End Datetime→終了日 例えばFrom Datetimeを28日に設定をし、End …

【管理人】ダッシュボードの設定について

ダッシュボードにログインするとこのような画面になります。 Dashboard→ダッシュボード HR→人事 Curriculum→カリキュラム Class→クラス Marketing→マーケティング Online Support→オンラインサポート Report→レポート Store→ストア Company→会社 質問のあるところをクリックしてください。

クレジットがなくなったらどうなるの?

生徒画面にいくとこのようなCredit画面がでます。もしこのCreditが0になったらどうなるのでしょうか? 結論からいうと授業を受けれなくなってしまいます。 では本日はそのクレジットの追加方法についてやり方をお伝えします。 ※月謝をもらっているビジネスモデルの会社に該当します。 Contents1 クレジットとは?2 クレジットの追加方法とは?2.1 生徒画面からの追加方法2.2 管理画面からの追加方法 クレジットとは? ここでのクレジットの意味は主に単位のことを指します。1クレジット〇〇円で設定されており(管理画面で変更可能)〇クレジットで1レッスンというように設定されています。 クレジットの追加方法とは? 生徒画面からの追加方法 外部からの生徒や、生徒自身が1回1回支払いをする場合はストアに行き、PAYPALを通して入金をしてもらいます。入金が確認できると自動的に生徒のクレジット数が変わります。 参考→レッスンの購入の仕方 管理画面からの追加方法 月謝制のところが多いかと思います。ただし、ゆくゆくは上記のような外部の生徒も見つけストア機能を使うかもしれない…と思う方もいらっしゃると思います。 方法はこちら↓ https://tutorroom.net/ja/manual/admin/store%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

profile画面について

Profileのボタンを押すと以下の3つのカテゴリーがでます。 My account→マイアカウント Notifications→お知らせ Log out→ログアウト Contents1 My account2 Password3 Promo Code My account プロフィール設定をみると上記の画面が出てきます。上から Profile→プロフィール Password→パスワード Promo Code→プロモコード Email→Eメール Phone→電話 Country→国 Address→住所 Native language→母国語 そしてSave Setting となっており、右側にはMy Promo Code(プロモコード)とあり …

blog画面について

Blog ページにいくと管理者画面で設定したブログが反映されます。※現状ブログを記入する場面ではなく、あくまでもアナウンスをする場所になっています。

Online Supportの画面について

Online Supportのボタンを押すと上記のようにチャット画面が表示されます。このチャット画面は管理者画面のOnline Supportとつながっており、チャットによるサポートが可能になります。 右上の受話器のマークを押すと管理者画面と電話が通じるようになっております。

My Resumeの画面について

My Resumeのボタンを押すとこのような画面が表示されます。 この画面は受講したレッスンについて再確認できます。またView Student Note やView Tutor Noteについては受講したあとのコメントやフィードバックなどが表示できます。

Store画面について

Storeについては You have~ Price Tier (100,1000)クレジット Select amount があります。 Price Tierのリンクを押すと、下にある(100,1000)クレジットの購入ボタンになります。 管理画面では真ん中の(100,1000)クレジットの部分を設定できます。例えば、100クレジット200USD、1000クレジット1000USDなど変更も可能です。 なのでここでは”まとめ買い”をするとお得なパックなどにすると購入率が上がります。 ※ただし、管理者画面で設定してない場合はこのカートは表示されません。 Select amountに関しては必要なクレジットを購入できます。 丸いグレーの部分を横にスクロールをすると必要なだけクレジットを購入できます。 Buy nowを押すとこのようにPaypal画面に飛びます。(APIを利用してVISAやJCBなども可能)

Tutor画面について

Tutor画面を押すと以下のように講師一覧が見れます。 講師のプロフィール画面をクリックすると、講師の自己紹介や経歴、コメントなどが表示されます。 ※管理者は各講師の1クレジット当たりいくらかを設定ができます。例えば時給が高い人に関しては1クレジット当たり2.0 3.0など変更できます。 Self Introductionの部分は講師のコメント部分です。 今後この講師画面にスケジュール画面が搭載され、生徒が直接講師に予約できるようになります。

Package画面について

Package画面を押すとこのような画面になります。上から Package Demo Test U English Package Package C Package D と表示されていますが、これらは管理者画面でのPackageが反映されています。 例えば、Package Demo Test Uをクリックするとこのように表示されます。 Lesson 4に関してはパッケージの中にレッスンが4つあるという意味そしてパッケージの時間に関しては合計120分クレジットは8クレジットになります(クレジットに関しては管理者画面で変更可能) Lesson横にある30と書いてある数字が時間になります。 更にLessonを押すと予約画面になります。 Book nowを押すとこちらの予約画面になります。 ステップ3では好きな先生を選ぶことができます。Submitを押すと予約が完了でき、以下のカレンダーに反映されます。 藍色の時間リンクをクリックしたら仮想教室に入れるボタンが出ますのでボタンをクリックしてください。